不動産を利用することによってメリットが増える理由とは

安く購入

不動産をできるだけ安く購入したいと考えている場合は、競売物件を選ぶと市場価格よりも3割から5割ほど安く購入できる可能性があります。 競売物件には居住用のマンションや一戸建て住宅からビルや事務所など様々な物件があります。 競売物件の情報や入札期間などは裁判所が公示しているので、インターネットなどで確認することができます。 入札の流れとしては、裁判所が物件ごとに売却基準価額を定めているので、落札した場合は売却基準価額の2割以上を保証金として支払うことが条件になります。残金の支払いに関しては金融機関によっては競売物件でも住宅ローンを組める場合もあるので、あらかじめ確認しておくと手続きがスムーズになります。

一戸建てやマンションなど居住用に購入した不動産の場合、住宅ローンの滞納が続くと最終的に競売にかけられることになります。 競売までの流れはいくつかの段階を踏むことになりますが、途中で任意売却をして返済にあてることもできます。競売に比べると任意売却の方が高く売却される可能性があるので、多くの人は競売になる前に任意売却を選択します。 任意売却の流れは通常の不動産売買と基本的に変わりません。 また、競売になると物件を調べにきたり情報が開示されてしまうので、周囲の人に知られてしまう可能性がありますが、任意売却なら周囲に知られることなく売却できます。 住宅を購入する場合は、これらの流れを頭に入れて無理のない返済計画を立てることが重要になります。