不動産を利用することによってメリットが増える理由とは

流れを知る

新居を見つけませんか?新大阪で賃貸物件を探すならこちらがオススメ!あなたの希望の条件を入力して手軽に情報をゲットしましょう!

ローン滞納から競売までの流れ

競売とは、事情があって自宅のローンが返済できなくなったときに担保となっている土地、建物を裁判所が強制売却することです。物件は不動産鑑定士が調査し、最低売却価格が決定します。競売であることを考慮するため市場価格より5割から3割程度安くなります。実際に売却されても市場価格より安くなることがほとんどです。 そのため売却できても債務が残ります。引っ越し費用や新居のための費用なども必要です。そんな状態で債務の返済を続けるのは極めて困難で、結局は自己破産の道を選んでしまう人もいます。自己破産すれば返済は免れますが、その代わり5年以上クレジットカードを作ることや、新たにローンを組むことが難しくなります。 ざっと競売の前後の流れを見てみましたが、経済的にも精神的にも苦しい状態になることがお分かりいただけたと思います。

最悪の事態を免れるためのチャンスが何度かあります

住宅ローンの返済が滞ってしまったら、即競売といった流れになるとは限りません。そこに至る流れの中で最善の道があるはずです。 まず住宅ローンが滞納しそうだとわかった時点、もしくは1か月程度の滞納であれば借入れ先と交渉することでローンの設定を変更してもらえる可能性があります。毎月の返済額を減らして、借入れ期間を長くする方法です。 すでに借入先から督促状が届き、それでも返済できない場合は「期限の利益の喪失」という通知が来ます。ローンでの分割払いの権利を失ったため、残債の一括返済をしなくては競売にかけられるという通知です。しかしここでもまだ、競売を免れることができます。任意売却する方法です。債権者の合意を得て市場価格での売却を行うことです。競売より売却価格が高いため残債も少なくて済むでしょう。 これらの流れの中で、競売を免れる方法がいくつかありましたが、専門知識がないと交渉も進まないでしょう。早い段階で任意売却の専門業者などに相談することをお勧めします。

ピックアップ

安く購入

住宅を安く購入するときには、競売されている物件に注目してみましょう。そうすることによって、一般的な物件よりも安く購入できる確率が高いのです。そのときの流れについて紹介しています。

流行りについて

最近は手軽に賃貸契約ができるようになっているのですが、よりお得な部屋を借りるためには家具や家電などの製品がレンタルできるかどうかもチェックしておきましょう。そうすることによって、住んだ時に満足できます。

活用する

土地を売却するときにはその方法について詳しく把握しておく必要があります。また、土地は所持しているだけでも意味がないので、土地売却などして活用することで初めて意味のある使い方ができるのです。